双子の姉妹、澪と繭は、幼い頃の数年間を過ごした故郷にやって来た。
二人にとって秘密の場所だったこの沢は、夏休みが終わるとダムの底に沈んでしまう。

けだるい木漏れ日に光る水、しっとりと湿る森の空気。
あのころと何もかもが変わっていない。
ちょっと歩きづらそうにしている繭を見ながら、澪は心配そうに声を掛ける。
「足、大丈夫? 」
「ちょっとね…でも、平気」

一つの記憶。
  いつもの澤で遊んでいた二人は、夕暮れの山道を急いでいる。
  体の弱い繭は、澪の名を呼びながら懸命についてきている。
   「早くしないと、おいて行くよー!」
  足の遅い姉を半ばからかうように、ときおり繭のほうを振り向きながら走る澪。
  短い悲鳴、何かが滑り落ちる音…
  澪が振り返ると、夕暮れの山道には誰の姿もない。
   「…おねえちゃん?」
  道の脇の崖下をゆっくりと覗きこみながら鼓動は高まって行く。
  そして、大きく見開かれる澪の目…

  "あのとき私がお姉ちゃんを待っていたら、今も一緒に走れたのに…"

回想にまどろむ澪が、ふと顔を上げると、繭の姿が消えている。
あたりを見まわす澪が見つけたのは、ぼんやりと光る紅い蝶を追って
森の奥に入っていく繭の姿だった。
蝶に導かれるように森の中を走る繭。その後姿が、白い着物の女性に重なっていく。
繭を追いかける澪は、いつのまにか霧にけぶる山道に一人立っていた。

風に乗って聞こえてくる、悲しげな歌声。木々の間から垣間見える、灯りの列。
澪は、その祭りの列が集まる場所へと、誘われるように歩み出す。
鬱蒼とした森がひらけると、あれほどいた人の気配はなく、
ただ一人、繭が立ちつくしているだけだった。

 「…お姉ちゃん?」
 ゆっくりと振り返る繭。紅い蝶たちが一斉に舞い立つ。
 「地図から…消えた村…」

二人の前には、霧に包まれた薄暗い村が広がっていた…

 

ゲーム中に挿入されているオープニング映像をご覧いただけます。


【プロローグ】 (2:33)DOWNLOAD:20.0MB

 

TOPに戻る

<TECMO TOPに戻る>