『零〜紅い蝶〜』開発秘話

このコーナーでは、『零〜紅い蝶〜』のプロデューサー菊地とディレクター柴田が開発の舞台裏をご紹介していきます。


イメージソング「蝶」

<「蝶」の発表>


−『零〜紅い蝶〜』のイメージソング「蝶」が天野月子さんのライブ「大阪夏の陣」でファンの前で初披露されました。

菊地 7/30に大阪のライブハウスBIGCATで行われたんだけど、すごい盛りあがりだったよ。
柴田

俺も行きたかった…。

菊地

とにかく、今すぐ皆さんにこの歌をお聞かせできないのが残念です。

柴田 この歌、ライブで聴きたかった…。
菊地 「蝶」のときは、紅い紙ふぶきが舞ってすごく綺麗でした。


−早速ですが、この歌はどういう経緯で作られたのですか?

菊地 前作から、ゲームのイメージソングを作りたいと思っていました。
その歌が聞いた方々の耳に残ってくれれば、ゲームを強く印象付けることにもなりますし、なんといっても人の声には力がありますよ。
今回、私が求めたのは、聞いた瞬間に誰もが振り向くような"声に力のある歌"でした。
柴田 私は、この『零〜紅い蝶〜』というゲームの世界観を表現する歌が欲しかったんです。自分で言うのもなんですが、かなり独特と言うか、特殊な内容なので…。

<天野月子さんに決めたわけ>


−天野月子さんを起用されるというのは、最初から決まっていたんですか?

菊地 何人もの方が候補にあがっていたのですが、以前から柴田がインディーズの頃から注目していて、何度も推薦してきた天野月子さんにお願いする事になりました。
柴田 私は前々から推していたんですよ。天野月子さんがぴったりだって。
最初のシングルが「箱庭」と言うのですが、この曲を聴いて「この人しかいない」と思いました。
ただし、菊地は最初は信じてくれませんでしたけどね。和風ホラーゲームのイメージソングが「歌:天野月子 曲:箱庭」というのは、出来すぎだろうと。「今、お前が作っただろ!」 って。
菊地

とにかく、言われるままCDを聞いてみたんですよ。

柴田 それから、じわじわと洗脳が始まった。


−洗脳…ですか?

菊地

まあ、それは冗談として、一度聞いて、すぐ歌詞に驚いた。
歌を聴いて歌詞に目が行くと言うのも変なんですが、とにかく世界観が面白い。声に強いインパクトがあって、歌の方も頭から離れなくなって。

柴田 そうなんですよ。
曲がいいので、サラリと聴いてしまいますが、歌詞を聴いてみると、ドスッと怖い手触りがあったりする。もちろん、可愛かったり、毒々しかったり、激しかったり、美しかった りいろんな曲がありますが、天野さんの世界観がすでに零っぽかった。
菊地

シンガーソングライターで自分の世界を持っていて…この人の世界で『零〜紅い蝶〜』の歌を作ってもらえれば…と想像が膨らみ始めて、それで、天野さんにお願いすれば私が求める歌ができるかなってことになったんです。
後から考えると、大正解だったわけですが。


<「蝶」を作るにあたって>


−では、曲は完全に天野さんオリジナルのものなのでしょうか?

柴田 まず、ゲームをつかんでもらうために『零〜紅い蝶〜』の世界設定やストーリーのあらすじなどの資料をお渡ししました。
それを元に歌のイメージを膨らませてもらいました。
菊地

それと、前作の『零〜zero〜』もクリアされていたんですよ。

柴田 「怖かった」と言われたのが嬉しかったです。


−それから、いろんな苦労があったのでしょうか?

菊地

いえ、天野さんの歌が持つ世界観と『零』が近かったのもあるかもしれませんが、最初のプレゼンの段階で、歌詞、メロディともに文句のつけようがないものが上がっていました。

柴田 ハプニングが次々やってくるのかと思いましたが、あっけないくらい「これ…いいよね」というものが出来上がってしまった…
菊地

後から聞くと、天野さんの方ははすごーく苦労されていたということがわかったんですけどね。


<最後に>

−最後に、このホームページをごらんの方々にメッセージを。
柴田 すごくいい曲です。この曲を聴きながらだったら、ちょっと死んでもいいかな。
菊地

まあ、それはゲームができた後にしてくれ。
今、ゲームの製作を全力で進めると同時に、「蝶」を皆様にいち早くお聞かせする準備を しているところです。ドラマチックで、美しく、それでいて怖い。今作の世界観にもぴったりなので、ぜひご期待ください。


そのニ 北米イベント編へ

 

TOPに戻る

<TECMO TOPに戻る>